妊娠中でも安心して飲めるたんぽぽコーヒーについて

たんぽぽコーヒーといっても普通のコーヒーと違ってカフェインは含まれていません。
ですので、カフェインに制限のある妊娠中でも安心して飲むことができるわけです。

肝心の味についてはいかがでしょう。
たんぽぽコーヒーとは、野生のたんぽぽの根っこを香ばしく焙煎し、それをドリップしたものです。
それが、コーヒーの味に似ていたので、コーヒーの代用として用いられた歴史があります。
苦みについては焙煎の度合いによって異なってきます。もちろん個人差はあるでしょうが、ほんのりとした甘みを感じ、かえって飲みやすいという方も多くみられます。
その歴史からもコーヒーの代用として充分な役割を果たしてくれるはずです。

しかし、単なる代用にとどまらず、現在も飲み続けられているのはその効用によるためです。
たんぽぽコーヒーには強い利尿作用がありますので、妊娠中のトラブルとして代表的なむくみの軽減や解消に大きな効果が期待できます。
それに、たんぽぽコーヒーには血液の循環を良くする作用があるため、妊娠中に起こりがちなむくみからくる冷え性の改善、予防に期待ができます。これは、排便をうながすことにもつながり、特に妊娠中に悩まされることの多い便秘解消にもつながります。

たんぽぽコーヒーはノンカフェインですので妊娠中だけでなく、産後、母乳育児の最中でも安心して飲み続けることができます。
お母さんが飲んだコーヒーのカフェインが母乳からでてしまい、赤ちゃんが興奮して眠れないなんて話も聞きますよね。
眠れないだけでなく、カフェインの持つ血管収縮作用など、乳幼児がカフェインを接種することは望ましいことではありません。

妊娠中、産後も安心して飲めるたんぽぽコーヒー。一度試してみてはいかがでしょうか。